けいしろうの旅ブログ

国内外を問わず、主に関西発の旅を中心に書いていきます。

【ポルトガル⑥】関西人がリスボンのヒルトン系ホテルに宿泊したときの話。

どうも、けいしろうです。

今回はポルトガルリスボンにある、「ダブルツリー バイ ヒルトンホテル フォンタナパーク」の宿泊レビューです。

ブルツリーを拠点にリスボン観光をお考えの方にとって、ご参考になれば幸いです。

 

ちなみに、宿泊前に私が目にした口コミにつぎのようなものがありました。

 

・フロントが冷たい

・黒を基調とした内装で雰囲気が暗い

リスボン中心部から遠いので観光に不便

・ダブルツリークッキーが温かくて美味しかった

 

冷たいフロントで温かいクッキーをもらえるなんて素敵!

となるはずもなく、不安を煽られたことは言うまでもありません笑。

自身の宿泊体験を振り返りながら、これらの口コミについても検証していきます。

 

まずは、宿泊レビューの目次です(^^)

 

 

 

 

 

リスボンのダブルツリーを選んだ理由

その1:ヒルトン・オナーズのゴールド会員だから

ハノイ、香港、ニセコ那覇ヒルトン系ホテルに宿泊してきましたが、

やはりゴールド会員ということでそれなりにもてなしてくれました。

 

・朝食無料(ハノイ、香港、ニセコ那覇

・ミネラルウォーター無料(ハノイ、香港、ニセコ那覇

・ウェルカムドリンク(ニセコ那覇

・エグゼクティブラウンジへのアクセス(ハノイ

・レイトチェックアウト(ハノイ

 

せっかくなら上級会員特典を享受したい、ということでリスボンでもヒルトン系からチョイスしました。(リスボンヒルトン系ホテルは今のところダブルツリーだけみたいですね)

 

その2:価格がリーズナブルだったから

ブルツリーに宿泊した日程は、2018年12月28日から1泊でした。確か「キング・スーペリア」の部屋で120ユーロぐらいでした。ヒルトン至上主義でもないので、その日程で他のホテルも見ていましたが、朝食も付いてもしかしたらアップグレードやレイトチェックアウトも出来るかもしれない(部屋に荷物を置いて街中へ繰り出せるかも)と思うと、それなりにリーズナブルに感じました。

その前日に泊まるチボリオリエンテとも大差ない金額でした。

 

www.keishiro-tabiblog.com

 

 

その3:最寄り駅から徒歩10分以内でたどり着けそうだったから

地図で見たところ、ピコアス駅から7分以内で行けそうな感じがしました。リスボンは坂の街で、石畳だからスーツケースを持ちながらだときついという口コミもありましたが、15分も20分も歩くような距離ではなかったので、まぁ徒歩10分以内なら少しくらいしんどくてもいいやと思いました。

 

②さあ、いよいよチェックイン!

そんな理由で選んだダブルツリーに泊まるため、

オリエンテから地下鉄でピコアス駅へ。

 

f:id:keishiro_o:20190206150315j:plain

 

あとになって気づきましたが、この出口は南側にあるため、

北側の出口から出るほうが坂をやや回避できます。

所要時間が10分も20分も変わるわけではないので、お好きな風景のほうから出たらいいとは思いますが笑。

 

ちなみに反対の北側地下改札から出ると、改札外に商店が数店舗あります。

その中にインド系の人がやっている電気屋みたいな店舗があり、

そこで私は変換プラグをたまたま見つけて、iPhoneの充電手段を確保しました!

変換プラグを持たずに渡欧したため、携帯の充電どうしようかガチで悩んでいましたが、完全に嬉しい誤算。\(^^)/

ピコアス駅で変換プラグを買えるとは!笑

(7ユーロぐらいだったような)

 

f:id:keishiro_o:20190328130918j:plain

 

ピコアス駅はエレベーターがどちらの出口にも無いので、

エレベーターを使いたいという場合は、

一つ手前のサルダーニャ駅で降りることをお勧めします。

 

f:id:keishiro_o:20190328132341j:plain

 

しかもサルダーニャ駅からなら下り坂でホテルへ向かうことができるので、はっきり言ってラクです。サルダーニャ駅からでも徒歩10分ぐらいで着くので、2駅利用可能という認識で全く問題ないと思います。 

 

さて、話を元に戻しますが、

南側の出口から出るとこんな風景が広がります。

 

f:id:keishiro_o:20190328131148j:plain

 

坂道をてくてく上っていくと、

フォンタナパーク?みたいな三角公園が現れます。

 

f:id:keishiro_o:20190328133050j:plain

 

上の写真は正確には以下の場所で撮った写真なので、

 

 

f:id:keishiro_o:20190328133928p:plain

 

つまり、私の背景にダブルツリーがあります。

もっと暗い外観かと思っていましたが、

結構、清潔感ある外観でした。 

(夕方に撮ったのでいきなり夕暮れめいていますが気にしないで下さい笑)

 

f:id:keishiro_o:20190328131558j:plain

 

ホテルには13時ぐらいに着きました。

チェックインが14時からだったので荷物を預けて街へ繰り出そうと思っていましたが、すでに部屋の準備が出来ているのでアーリーチェックインの対応をしてくれました。

フロントで対応してくれた女性は、最近入ったばかりでまだ慣れてなくて、みたいなことを言っていましたが、丁寧に対応してくれました。冷たさは感じなかったです笑。

レイトチェックアウトについて可能かどうか質問しましたが、

明日また聞いてくれとのことだったので翌朝にまた聞くことにしました。

 

③ダブルツリーで宿泊した部屋

部屋は4階なのでエレベーターに乗り込みます。

4階はどうやらオナーズフロアみたいです。

 

f:id:keishiro_o:20190328131729j:plain

 

部屋のドアにもオナーズルームであることが示されていました。

 

f:id:keishiro_o:20190328131828j:plain


アップグレードされてたらいいなぁなんて思いながら部屋のドアを開けると、

予約時のままのキング・スーペリアでした。

 

窓から広がる風景は、人によったら殺風景と評されるかもしれませんが、

広がる青空と日常の暮らしが垣間見えて、個人的には好きな風景でした。

 

f:id:keishiro_o:20190328140119j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190328140219j:plain

 

 

窓を開けてベランダ?に出ることも可能でした。

 

f:id:keishiro_o:20190328140323j:plain



外光がしっかり入るため、

暗い印象はなかったです。

 

f:id:keishiro_o:20190328140419j:plain

 

 

部屋の入り口すぐにバスルームへつながるスライドドアがあります。

 

f:id:keishiro_o:20190328140528j:plain

 

スライドドアを開けると、

シャワーはね防止用の半ガラスが付いたバスタブや、洗面スペースが広がります。

もっと暗い雰囲気かと思っていたので、予想外に明るい感じでびっくりしました。

 

 

f:id:keishiro_o:20190328135556j:plain




 

f:id:keishiro_o:20190328140630j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190328140723j:plain

 

 

④ダブルツリーから「エル コルテ イングレス(El Corte Ingles)」へ

部屋に荷物を置いてひと息つくことができたので、いよいよ街歩きへ。

妻が行きたいという「エル コルテ イングレス」を目指すことに。

サン・セバスチャン駅へはサルダーニャ駅から一駅。

ピコアスからもそう離れてはいないので、スマホ地球の歩き方の地図を持ってレッツゴーです。

 

ホテルの周りはこんな感じの石畳。

スーツケースは意外に軽快に運べました。

 

f:id:keishiro_o:20190328225502j:plain

 

ホテル前の通りはこんな感じです。

気持ちのいい冬晴れ。

 

f:id:keishiro_o:20190328225734j:plain

 

ホテルを出てすぐ右に行ったのが上の写真ですが、

この通りをそのまま大通り(ピコアス駅方面)へ向かって歩くと、

右手にショッピングモールが現れます。

地下にはフードコートもあり、結構便利な感じです。

写真は撮っていなかったので具体的な紹介はできないのが残念ですが、

ブルツリーから歩いて3分もかかりません。

普通に便利じゃね?、という感想を持つと思います。

 

さて、目指すはエルコルテ。

方角だけ間違わなければ出会えると思って、

その「方面」へ向かって適当に歩きました。

 

f:id:keishiro_o:20190328225836j:plain

 

無粋な表現をすると、

ヨーロッパに来たなぁ、なんて思いながら歩いていました。

人生初ヨーロッパ。わくわくしかない。 

 

とりあえず撮ってみた、の一枚。

何を撮ったのかは覚えていません笑。

 

f:id:keishiro_o:20190328225944j:plain

 

この邸宅?みたいなものが見えてくると、

エルコルテのあるサン・セバスチャン駅はもうすぐです。

リスボン空港が近いせいか、TAPポルトガル航空機が頭上に何度も見えました。

 

そんなこんなでようやくエルコルテイングレスに到着。

ブルツリーから30分ぐらい歩いたら着きました。

全然歩けますよ。ぜひ街歩きも兼ねて歩いてください(^^)

 

クリスマスセールの告知が店内のいたるところにありました。

日本の場合、12月25日で商業的なクリスマスは見事に幕を閉じますが、

クリスマスの本場、ヨーロッパはどうやらそうではないようです。

年明け1月8日?ぐらいまではクリスマスセールをやるようです。

より深く生活に根差しているからか、商業的意味合いが強いのか、

そのどちらでもないのかはわかりませんが、

日本よりクリスマスセールの期間が長いという単純なことでさえ、

興味深く感じました。

 

エルコルテの入り口すぐにはスターバックスがありました。

さすがポルトガルのスタバ。

フードメニューに「ナタ」がありました。

昼ごはん食べてなかったので、ここで食べちゃおうかと思いましたが、

個人的にスタバのフードメニューは美味しいと思えるものが少ないので、

あえての我慢。

きっと地下に行けば、もっとおいしいフードがあるはず。

そんな覚悟を持っていざ地下へ。

 

エスカレーターで地下へ降りたら、

ありましたよ、おいしそうなナタが。

パン屋で売られていましたが、もう美味しそうで美味しそうで。

(単純にお腹減ってただけですかね。。。)

即断即決で買いました。

 

f:id:keishiro_o:20190328231118j:plain

 

注文は英語で大丈夫でしたし、クレジットカードも使えます。

二個で2ユーロかそこらぐらいでした。

 

結構焦げたナタもありましたが、

店員さんが焦げすぎたやつはあえて避けて選んでくれました。

その所作を見て、どんなけ優しいねん貴女、と思いました。

 

ナタがくれば、そう、次はコーヒー(ビッカ)でしょうということで

違うパン屋でビッカを頼みました。

 

f:id:keishiro_o:20190328231010j:plain

 

上の写真の右下に写っているように、この違うパン屋の前には丸テーブルがいくつも用意されていて、皆さんスタンディングでビッカを楽しんでいました。そのビッカはどこで注文するだろうと思って、列に並んでいたお客さんに聞いたら「ここで注文で大丈夫よ」と教えてくれました。しかし、見事に逆方向から並んでしまったため、中々順番が訪れることはなく、途中で気づいてちゃんと列に並んで注文も無事に完了。

写真にもありますが、「SAIDA」は出口って意味です。

地下鉄でもよく見る表示です。

私はこの失敗から学びました笑

 

もはや最強の組み合わせ、ナタ&ビッカ。

ともに人生初。

いただきます!

 

f:id:keishiro_o:20190328231209j:plain

 

結論、おいしすぎる。

ちょっと待ってくれ、適当に買った店でこんなけ美味しいなら、

ナタ有名店ってどんなけ美味しいんだよ、

もはや興味しかない。

食べながら、そんな言葉たちが脳裏をよぎっていきました。

ブルツリーのことを伝えたいと思っていましたが、

本当に伝えたいことはリスボンでナタを食え、

いや、ぜひ食べてください、ということなのかもしれません。

 

⑤ダブルツリーの朝食

エルコルテのあと、色々また歩いて行きました。

その話は次回にするとして、最後にダブルツリーの話に戻します。

 

朝焼けも綺麗です。

 

f:id:keishiro_o:20190328234427j:plain

 

朝食会場のレストランはフロントロビー階です。

外の通りに面した明るい場所でした。

 

f:id:keishiro_o:20190328234203j:plain

 

写真を撮り忘れましたが、

ブルツリーの朝食でもナタがありました。

おそらくポルトガルの家庭で親しまれているであろう冷蔵か冷凍のナタみたいな感じでしたが、美味しかったです。

噂に聞いていた朝からワインもありましたし、なぜか生演奏もありました。

楽器を持った人の前にフルーツやチーズのビュッフェ台があったので、

後ろ20センチで演奏しているところでオレンジを取ったりする不思議な体験をすることができました笑。

 

f:id:keishiro_o:20190328234253j:plain

 

コーヒーはウェイターの方に言ったら入れてくれます。

紅茶のほうがいい場合は紅茶でと言えば大丈夫です(^^)

朝食の味は、それなりに美味しい、というのが個人的感想です。

バレンシアオレンジはみずみずしいですし、

クロワッサンとかも美味しかったです。やっぱりヨーロッパはパン文化だからか、パンとか普通に美味しいですね。

白人系の人が客層的には多い気がしました。東アジア系の人はたまに見かけるなぁ程度ですかね。

 

⑥レイトチェックアウトについて

朝食帰りにフロントに立ち寄り、

ゴールド会員特典としてレイトチェックアウトは可能かと尋ねました。

何時までを希望するかを聞かれたので、

出来たら14時までがいいと伝えたところ、

「OK」でした。

 

が、実はここで一つ注意点があります。

ブルツリーのエレベーターはルームカードキーをかざして乗るタイプですが、

通常のチェックアウト時間の12時がカードキーに記録されているため、

12時以降にカードキーをかざすとエレベーターは反応しません。

 

実際、私たちが13時過ぎにホテルに戻ってきて、

エレベーターに乗ろうとしたら全く反応しませんでした。

「もしかして・・・」と思ってフロントにその旨申し出ると、

カードキーに新しい時間情報を登録してくれたので、

レイトチェックアウトをお願いするときはカードキーの情報更新も同時にお願いするのがベターかと思います。

事前登録ができないかもしれないので、その時は12時以降エレベーターに乗るときにフロントに申し出たら大丈夫でしょう。

 

⑦口コミの検証結果

すでに発表済みですが、

検証結果を最後に。

 

・フロントが冷たい

 ⇒温かったです。

 ⇒ただ、カードキーについては不親切です笑


・黒を基調とした内装で雰囲気が暗い

 ⇒外光たっぷりで明るかったです

 ⇒廊下は確かに雰囲気暗いというかやや圧迫感あり


リスボン中心部から遠いので観光に不便

 ⇒次回も紹介しますが、街歩きしやすかったです。

 ⇒バイシャ・シアードへも歩いて行ってみました


・ダブルツリークッキーが温かくて美味しかった

 ⇒温かいのは事実

 ⇒チョコがやや溶けているしクッキー柔らかいので食べにくい

 ⇒個人的には甘すぎる

 

今回のリスボン滞在ではダブルツリーは1泊しかしませんでしたが、

2泊してもいいと思えるくらい過ごしやすかったです。

市街地から離れている等の意見もありましたが、

地下鉄近いし、リスボンの街自体結構コンパクトなので、

そんなに気になるかなぁというのが個人的な感想です。

そのあたりの感じ方は人それぞれなので、何とも言えませんが

泊まることをおすすめできるか聞かれたら、

私はおすすめできるホテルでした。

皆さんのご参考になれば幸いです。

 

次回はもっともっとリスボンのことを紹介します。

お楽しみに~。

 

けいしろう
 

【残り44フライト in 2019】目指せ、JGC! 福岡空港ぶらり歩き編

こんにちは、けいしろうです。

昨日は5年ぶりに福岡空港へ行ってきました!

5年前の旅客ターミナルは工事中の箇所が多くて、

空港内についての記憶はほぼ無いです笑。

 

当時、東京から小倉へ出張で行ってたので、

往路は北九州空港を使ったんですが、

復路は東京大雪の影響で福岡空港からの便に

振り替えました。(ANA派だったなぁ、、、)

 

さて、今回も午後出発のゆるりフライトなので、

前回に引き続き徒歩で空港へ(笑)

もちろん、一人旅です。

妻は京都の布博へ出かけていきました。

 

f:id:keishiro_o:20190225190505j:plain

 

いやぁー、もう春の陽気ですね。

今回のフライトスケジュールはこちらです。 

 

【今回のフライト】

 

◾️JAL2057便(E90

・12時40分 伊丹空港

・14時00分 福岡空港

(普通席、先得A、341マイル、430FOP、9360円)

※「JALカード ツアープレミアム」に加入

 

◾️JAL2058便(E70)

・16時25分 福岡空港

・17時30分 伊丹空港

(普通席、特割1、269マイル、830FOP、13,460円)

 

 

往路の金額も高いなぁと思いましたが、

復路の金額がやや問題ありですね。。。

13,460円、、、

 

 

高っ!

 

前回の出雲も今回の福岡も、JGCを目指す踏ん切りとして、

「とりあえず取った」みたいなところがあるので

金額にあまり重点を置かず、

気の向くままに購入したわけなんですが、

(結果、出雲は楽しかったわけですが)

(今回も結構楽しんだわけなんですが)

 

この金額であと40回以上乗るとバカにならん金額になるので

この福岡便以降、金額を抑えた取り方へシフトしていきました笑。

 

伊丹からだと福岡へは1時間くらいで着いてしまいます。

揺れが予想されるということで

コールドドリンクのみの提供でしたが、

伊丹ー出雲線は短距離路線ということもあり

ドリンク無しの飴1個提供だったので、

それと比べると「やった!ドリンク!」感はあります笑。

 

往路は20列目の非常口座席だったので、

足元広々座席です。

 

f:id:keishiro_o:20190225200811j:plain

 

 

あっという間に福岡空港です。

 

f:id:keishiro_o:20190225201015j:plain

 

 

福岡空港から飛び立ったことはありますが、

福岡空港へ降り立ったことは無かったため、

色々と心に染みます。

 

f:id:keishiro_o:20190225201203j:plain

 

うん、お疲れ様!笑

 

預け入れ手荷物は無いので、

そのまま到着ロビーへ。

5年前は冒頭でも書いたように、

東京大雪で航空ダイヤが大乱れでした。

私はANAアプリ上で振替便の手続きを終えましたが、

航空会社のカウンターには長蛇の列ができていたのを

思い出しました。

工事中の殺風景な景色と長蛇の列。

そんなイメージが根強い福岡空港でしたが、

 

良かとこになりましたなー!

 

f:id:keishiro_o:20190225202036j:plain

 

 

通路も綺麗で広々(^_^)

 

f:id:keishiro_o:20190225202147j:plain

 

 

TSUTAYA、5年前は無かった、、、かな?

覚えてない。。。笑

 

f:id:keishiro_o:20190225202333j:plain

 

そうそう、

Peachも就航してますよね。

 

f:id:keishiro_o:20190225213428j:plain

 

2024年の第二滑走路供給を前に、

まだまだ工事中の福岡空港ですが、

 

f:id:keishiro_o:20190225214217j:plain

 

 

え、えぇぇぇぇぇ!!

ラーメン滑走路なるラーメン店街ができてる!

 

f:id:keishiro_o:20190225213547j:plain

 

ちょうど福岡空港に向かう前に、

妻から「福岡空港って新千歳みたいなラーメン街無いのかな?」

と聞かれ、

「うーん、無いんちゃうかなぁ。知らんけど。」

と答えたりしていたんですが、

できとるー!笑

 

それ、空港でよくない?

 

うん、いいでしょう!笑

 

絶対あとで行こうと思いながら、

到着ロビーの1階からエスカレーターで2階へ。

出発ロビー階ですが、ここも変わりましたねー。

日曜の午後なんで、人でごった返していました。

 

f:id:keishiro_o:20190225215016j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190225215104j:plain

 

広めのフードコートもできていました。

 

f:id:keishiro_o:20190225215446j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190225220750j:plain

 

博多といえば明太子。

明太子キッシュかぁ、次来た時買おうかなぁ。。。

 

f:id:keishiro_o:20190225220054j:plain

 

 

こちらで買えます(^ω^)

 

f:id:keishiro_o:20190225220250j:plain



さて、小腹もすいてきたので、

2階から3階へ。

保安検査場、混んでますね・・・。

帰るとき早めに行こうかな。

 

f:id:keishiro_o:20190225220825j:plain

 

 

3階に上がると、すぐレストラン街です(^^)

 

f:id:keishiro_o:20190225220926j:plain

 

 

ラーメン街も突如現れます笑

 

f:id:keishiro_o:20190225221113j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190225221304j:plain

 

 

滑走路と名乗るだけあって、

滑走路風です。

 

f:id:keishiro_o:20190225221218j:plain


でも「滑走路」から想起するのって、

スピード感であって、ゆっくりって感じじゃないんで、

何か急ぎ足でラーメン食べないといけないのかなぁとか

ちょっとネガティブ感情がもたげました。

ん?考えすぎですかね?笑

 

いやー、でも色々なラーメンがありました。

北海道の弟子屈のラーメンまでありましたが、

とんこつラーメンにしか今回は私の目に入りません!

 

f:id:keishiro_o:20190225221401j:plain

 

この焼きあごだしとんこつ、

超うまそうじゃないですか?

何回か前を行ったりきたりしながら迷う私。。。

 

f:id:keishiro_o:20190225221446j:plain

 

 

でも私の純な気持ちを今回掴んだのはこのラーメン!

 

f:id:keishiro_o:20190225221519j:plain

 

何か「純烈」っぽい感じはありますが、

味はどうなんでしょう!?

 

f:id:keishiro_o:20190225221624j:plain

 

半替え玉も事前に用意!

 

f:id:keishiro_o:20190225221710j:plain

 

この券は好きなタイミングで店員さんに渡せばOKです。

 

結果、おいしかったです。

ご馳走様でした。

 

今度はあのあごだしとんこつを食べてみようと思います。

 

出発まで1時間20分ぐらいあったので、

福岡空港のカードラウンジ「TIME」へ

初めて行ってみました。

到着ロビー階の1階にあります。

 

f:id:keishiro_o:20190225221753j:plain

 

とんこつラーメンで少し汗ばんでしまったため、

冷たいドリンクを飲もうと思って入るやいなや、

ビール1本かフリーソフトドリンクのどちらかをお選びください、と。

ノーリサーチで入りましたので、

1本とはいえ、国内カードラウンジでビールも無料で選べるとは。

ちょっと想定外の事態だったので、一瞬何を言われているのか理解が追い付かなかったんですが、5秒くらいで我に戻り、

「ソフトドリンクで」と回答しました笑

昨日今日と風による飛行機の揺れが続いていたので、

しんどくならないためにソフトドリンクをセーフティーに選択しました。

つぎは、ビールにしよう♪♪笑

 

ラウンジ内の紹介は、ラウンジ訪問記blogを書かれている方がいらっしゃるので

ぜひそちらのblogなどをご参考にしてください。

134席ぐらいあったので広々としていますし、

無料Wi-Fiも快適で、アセロラドリンクも冷蔵庫にありました。

私はひたすらアセロラドリンク飲みながら、

このblogの下書きなどをしていました。

 

そうこうしているうちに、

伊丹行きの便の出発時間が近づいてきました。

保安検査へ少し早めに向かいます。

 

f:id:keishiro_o:20190225221837j:plain

 

やっぱ、並びますよね。。。。

早めに行って正解。

でも並んだ時間はそれほど長くもなく、

結構スムーズに通過できました。

 

保安検査通過後のスペースでも、

福岡に来たなぁー、というの感じます。

 

f:id:keishiro_o:20190225221918j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190225222002j:plain

 

 

この牛乳とカツサンドを食べながら

搭乗口前で過ごすのいいなと思いました。

 

f:id:keishiro_o:20190225222048j:plain

 

 

搭乗口前も広々で綺麗ですしね(^^)

 

f:id:keishiro_o:20190225222127j:plain

 

 

さぁ、定刻どおりに出発です。

 

f:id:keishiro_o:20190225222203j:plain

 

伊丹では沖どめだったため、

滑走路を歩いてターミナルへ。

 

f:id:keishiro_o:20190225222246j:plain

 

 

帰りは特に大きく揺れることもなく快適でした。 

 

f:id:keishiro_o:20190225222349j:plain

 

17時30分に伊丹空港に帰ってきてから、

翌日仕事であるにもかかわらず、

そのまま妻の待つ京都へ向かいました。

飛行機、阪急、モノレールと乗り継いで、

福岡空港から2時間ほどで阪急烏丸駅に(笑)

 

f:id:keishiro_o:20190225222646j:plain

 

 

出雲、福岡と続いた一人旅の締めは、

日曜の夜に京都で妻とレモンサワーです。

 

行きたかった「酒場檸檬」にたまたま行きました。

別の店に行く予定だったので、

思わぬ初来店を記録!笑 

 

 

f:id:keishiro_o:20190225222507j:plain

 

定番レモンサワーというメニューをまずは注文。

うーん、何たる檸檬感。

味は、まぁ普通でした笑 

 

f:id:keishiro_o:20190225222558j:plain



名物のレモンマーボーも注文!

 

f:id:keishiro_o:20190225222726j:plain

 

これ、なかなかの辛さでした。

くせになるといえばくせになる辛さ。

 

帰宅して、これを食べたので、

くせになる辛さはくせにはなりませんでした。

 

f:id:keishiro_o:20190225222807j:plain



今回もご愛読ありがとうございました。

 

けいしろう

 

JAL フライトデータ in 2019】

累積搭乗回数:6回

累積購入金額:69,260円

累積獲得マイル:2,112マイル

累積獲得FOP:3,544FOP










 

【残り46フライト in 2019】目指せ、JGC! 出雲空港ぶらり歩き編

こんにちは、けいしろうです。

JGC修行僧の方々が飛びまくっているなか、

まだ2回しか飛んでいない私ですが、

そもそも「僧」的なやり方では目指さないので

ゆるりとやっていきます笑

 

さて、早速ですが、

というか、ようやくですが、昨日、

伊丹空港から出雲空港へ行ってきました!

 

人生初の島根県訪問でしたが、

残念ながら日帰りの短時間旅です(u_u)

 

f:id:keishiro_o:20190223185657j:plain

 

【今回のフライト】

 

◾️JAL2355便(E70)

・15時50分 伊丹空港

・16時35分 出雲空港

 (普通席、先得A、176マイル、222FOP、8960円)

※「JALカード ツアープレミアム」に加入

 

◾️JAL2358便(E70)

・19時35分 出雲空港

・20時30分 伊丹空港

 (普通席、先得A、176マイル、222FOP、8960円) 

 

JALカード作ってからもう少しで1年ですが、

ツアープレミアムの恩恵を受けるのは初めてです笑 

いま先得でたくさん取っているので、

入ってて良かった!笑

 

今回は午後出発のゆるり1人旅だったので、

伊丹空港までは歩いて行きました(^ω^)

 

正確に言うと、阪急の蛍池駅までは電車で行き、

蛍池駅から伊丹空港までは徒歩で、って感じです。

蛍池駅までは通勤定期の範囲内なので、交通費フリーです。

蛍池から伊丹空港までは歩いても

20分かからないくらいなので、

特に急いでもないし昨日は暖かったので

ほのぼのと歩いて行きました(^_^)

 

下からモノレールを見上げながら黙々と歩く歩く。

 

f:id:keishiro_o:20190223190819j:plain

 

途中、モノレールに抜かされたのはこの1本だけなので、

やはり20分もかからないくらいですね。

 

あっという間に伊丹空港着(笑)

 

f:id:keishiro_o:20190223191036j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190223191120j:plain

 

 

空港内のカードラウンジも土曜ということで

混み合っていましたが運良く座れました(^_^)

 

f:id:keishiro_o:20190224111440j:plain

 

1人で飛行機に乗るのはかなり久しぶりなので、

こういう1人席も何だかすごく新鮮でした笑。

 

いざ、保安検査場へ向かうと、

土曜日の15時過ぎという微妙な時間にもかかわらず、

長蛇の列が・・・。

すぐ左手のJGCエントランスはご覧のとおり、

ガラガラだったので、

JGCを目指す意欲が俄然高まりました!笑

 

 

f:id:keishiro_o:20190224113913j:plain

 

 

上で書いたとおり、

伊丹〜出雲の機材はエンブラエル170です。

私は飛行機そのものにはズブの素人で、

何も詳しくないんですが、

飛行機に乗ることが増えてくると

座席の配列や、乗り心地などの面から、

「機材」に少しずつ興味を持つようになりました。

とりあえずE70と見ると、

エンブラエル170ね」、名称くらいは分かります笑

エンジンがどうとか、そんなんは知りませんが。。。

 

E70はシートが革張りで、

座りやすいです。

 

f:id:keishiro_o:20190224120645j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224120736j:plain

 

 

身長171cmの私ですが、

特に座席間隔も狭くは感じないです。

写真で見ると狭そうですが笑

普通に足を伸ばせます(^_^)

 

f:id:keishiro_o:20190224120900j:plain

 

40分程度の飛行時間なので、

あっという間に出雲空港に到着しました。

そうだそうだ、

出雲「縁結び」空港、っていう名前でしたね。。

 

f:id:keishiro_o:20190224150651j:plain

 

 

滑走路の近くに公園?のような、

離着陸を見れる場所がありまして、

着陸してからターミナルに向かう飛行機を

必死で追いかける子供達が機内から目に入りました。

電車を追いかけたりとか、

私も小さい時分にやりました。

絶対に追いつかないし、追い抜けないのにね。

ここ出雲でも同じことやってる子供達。

そのままの気持ちで大きくなっていけよ、

と思っちゃいました。

生まれ育ちが違っても、

そんな純粋な気持ちを心に宿し続けてくれてたら、

もっとみんな分かりあえるのに。

 

さて、話がそれました。

初めての出雲空港

まずは空港内を散策です。

と、その前にちょっとトイレに。。

き、き、綺麗!

やっぱ空港トイレのクオリティは高い!

 

f:id:keishiro_o:20190224151808j:plain

 

さてと、

到着ロビーの1階からエスカレーターで2階へ。

 

f:id:keishiro_o:20190224152253j:plain

 

一畑!

テレビでしか見たことなかった一畑に、

微妙な興奮を覚えます笑

 

f:id:keishiro_o:20190224150915j:plain

 

妻へのお土産もここで買いました。

 

f:id:keishiro_o:20190224152033j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224152108j:plain

 

この2階には他に、

しまねっこ、とBLUE SKYがありました。

 

f:id:keishiro_o:20190224152627j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190224152720j:plain

 

ちなみに、

ここで恋愛絵馬を書くと、

何と!出雲大社に奉納してくれるみたいです!

神様がかなり寄り添ってきてくれてますね。

さすが神話の国、出雲。

 

晩御飯を物色しに3階へ。

エスカレーター前のわちゃわちゃ感すごいな。

恋愛絵馬を書く場所、この前やけど笑

 

f:id:keishiro_o:20190224152959j:plain

 

 

出雲空港のレストランは3階にありまして、

全部で3店舗でしたが、

うち2店舗は店内つながってる感じでメニューも同じだったので、

実質2店舗だと思われます。

 

ここと、

f:id:keishiro_o:20190224153524j:plain

 

 

ここ。

f:id:keishiro_o:20190224153615j:plain

 

 

いやー、いいですね、

さっきのエスカレーター前と統一感があって笑

 

メニュー見てると、

全般的に美味しそうで目移りします。

 

f:id:keishiro_o:20190224153943j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190224154032j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224154115j:plain

 

 

ここでも、先ほどの物販エリアでもそうなんですが、

気になったのが、

島根だけど鳥取推しなところ笑

まぁ、山陰だから協力し合うのは素晴らしいですけど、

島根の控えめさを感じます笑

 

境港って鳥取ですよね。

 

f:id:keishiro_o:20190224160738j:plain

 

 

すなば珈琲って完全に鳥取ですよね。

 

f:id:keishiro_o:20190224160917j:plain

 

 

さらに、わざわざの注釈までも鳥取!笑

 

f:id:keishiro_o:20190224161049j:plain


 

まだ17時前で晩御飯には早いので、

何食べようか考えながら展望デッキへ。

 

 

f:id:keishiro_o:20190224181557j:plain

 

空が綺麗やなぁと思って見てたら、

柵に何とも丁寧な案内がありました。

 

f:id:keishiro_o:20190224181842j:plain

 

 

就航路線の機材案内!笑 

f:id:keishiro_o:20190224181744j:plain

 

FDAのやつも!

f:id:keishiro_o:20190224182023j:plain

 

まだまだお腹も空かないので、

出雲空港から行けるとこまで歩くことにしました笑

 

ターミナルを出ると、

すごいバスのにおいがします。

多分、バス酔いする人は200%酔うやつです。

バスに背を向けて、さぁ大地の散策へ出発です。

 

f:id:keishiro_o:20190224182452j:plain

 

地方空港行くとよく見る風景が、

便数の割に駐車台数がハンパない状況。

皆さん、出張?か何かですかね?

 

f:id:keishiro_o:20190224183316j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224182704j:plain

 

あと、初めて見たのがこれ!

高齢ドライバー優先?!

ベトナムのような平均年齢若い国から帰国すると

日本の高齢者の多さを鮮烈に感じますが、

改めて高齢社会について色々考えました。

 

f:id:keishiro_o:20190224183143j:plain

 

 

クルマ社会だし、空港は駅から離れているので、

当たり前ですがこの時間、歩道にいるの私だけでした。

 

f:id:keishiro_o:20190224183526j:plain

 

 

長い直線に出ても、人影は確認できず笑

 

f:id:keishiro_o:20190224183908j:plain

 

 

振り返っても、ノーヒューマン。

 

f:id:keishiro_o:20190224184128j:plain

 

でも人がいないおかげで、

出雲の風景をのんびり眺めることができました。

 

f:id:keishiro_o:20190224183708j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224212206j:plain

 

f:id:keishiro_o:20190224210806j:plain

 

 

道沿いには造園屋さんが。

石?岩?

運んでくるの大変なんだろうか。

 

f:id:keishiro_o:20190224211132j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190224211308j:plain



トヨタレンタカーの店舗前で

ぼちぼち折り返して空港へ。

 

f:id:keishiro_o:20190224211501j:plain

 

このトヨタレンタカーは、出雲空港とJR荘原駅の真ん中ぐらい。

空港から徒歩15分か20分くらいの距離です。

荘原駅は電車の本数が1時間に1〜2本くらいですが、

天気良かったら全然歩いていけると思ったんで、

1人で出雲市街行くときは、バスじゃなくて駅まで

歩くのもありだなと思いました。

複数人のときはレンタカー借りますけど笑

 

空を見上げたら、

鳥たちも帰る時間みたいです。

 

f:id:keishiro_o:20190224212100j:plain




空港へ向かっていると、

ちょうどFDA機が到着するのに出くわしました。

生でFDA機見るの初めてかも。

 

f:id:keishiro_o:20190224212525j:plain

 

 



f:id:keishiro_o:20190224212617j:plain

 

 

歩いてお腹もすいたので、

ターミナル3階のレストランやくもで、

ミニ穴子丼と割子蕎麦としじみ汁を頂きました!

 

f:id:keishiro_o:20190224213009j:plain


普通に美味しかったです。

やっぱ食べ物が美味しいとまた来たくなりますね。

ご馳走さまでした。

 

マイルも貯まりました笑

 

f:id:keishiro_o:20190224214038j:plain

 

19時に閉まるということで、

向かいの店のこのコーヒーを飲みたかったのですが、

次回にお預けします。

焼き物で飲むって、まぁ雰囲気なんですけど

ついつい惹かれます。

 

f:id:keishiro_o:20190224213438j:plain

 

 

保安検査を早めに済ませて、

あとはブログの下書きです笑

保安検査後は、BLUE SKYくらいしかないです。

あたたかい出雲蕎麦も売ってたので、

時間無い場合はありかも。

 

f:id:keishiro_o:20190224213701j:plain

 

 

羽田行きの最終便が国際線用機材への変更とかで

出発が遅れていたので、伊丹行きは先に出発で、

伊丹には定刻より15分早く帰ってこれました。

 

島根に行ったと言うにはおこがましいですが、

また行きたいと思える滞在でした。

 

次行くときは、

「ただいま、島根」

って言います。

 

f:id:keishiro_o:20190224214827j:plain

 

 

今回もご愛読ありがとうございました。

 

けいしろう

 

 

【フライトデータ】

累積搭乗回数:4回

累積購入金額:46,440円

累積獲得マイル:1,502マイル

累積獲得FOP:2,284FOP


 

JALカード利用可能額の一時増額について

どうも、けいしろうです。

 

今回は、JALカード利用可能額について

一時増額の承認がおりた話です。

 

 JALカードの一時増額をググると、

 

あるサイトで、

「 (株)JALカードとしての限度額」と

「提携カード会社としての限度額」を

考える必要がある、などと書かれていたので、

 

え、そんな複雑な話なの?( ゚д゚)

 

と思ってペンを取りました。

 

私が持っているJALカードは、

JAL・Mastercard」のCLUB-Aカードです。

  

 JALカードのHPでは、

「一時的なご利用可能枠増額のご相談を承ります。」

と明記されているので、

提携カード会社である三菱UFJニコス社に電話しました。

(DC WEBサービス上では増額申請は不可だったため。)

 

私の相談事項は、

・20万円分の一時増額(100万円から120万円へ)

・利用目的は会食と JAL航空券の購入

・増額期間は2月15日までで構わない(架電日は2月4日)

でした。

 

三菱UFJニコス社の返答は、

・審査に最大3営業日かかる

・そのため増額可否回答は2月7日までに電話で行う

・増額分は一括支払いのみ可能である

でした。

 

そして今日の午前に、

三菱UFJニコス社から電話があり

冒頭のとおり20万円の増額が叶いました。

 

電話ではシンプルに、

「3月11日引き落とし分まで120万円へと引き上げました」

とだけ伝えられました。

 

 JALカードとして〜、

提携カード会社として〜、

みたいな説明は一切なしです。

 

 

ホッ(*´ω`*)

としました笑

 

 JALカードの増額が無理だったとしても、

ANAカード、アメックス、ダイナースなど、

他社カードで決済するだけなんですが、

 

 JAL航空券を購入するには

マイル的にJALカードを使いたい!ので

これで一安心です(๑・̑◡・̑๑)

 

CLUB-Aカード、

勝手に利用可能額増えないですかねー。

ちょっと枠が少ないなー。

でもJALカードのゴールドは魅力薄いので

CLUB-Aゴールドの予定は今後も無しです。

 

魅力無しの文章を今夜は書いてしまいました。

 

ご愛読どうもです。

 

けいしろう 

 

 

【ポルトガル⑤】オリエンテにはポルトガル初日にこそ宿泊してほしい

どうも、けいしろうです。

皆さんはポルトガルのオリエンテという場所を

ご存知でしょうか?

 

 

f:id:keishiro_o:20190206084534j:plain

 

 

私は今回の旅行を機に知りました。

 

オリエンテ宿泊前の印象は、

・昔、万博をやっていたらしい

・その再開発の影響で、街がやたらと近代的

・空港から地下鉄ですぐ行ける便利そうな場所

というくらいでした。

 

オリエンテ宿泊後の印象は、

・やはり街が近代的で道もかなり綺麗で便利

・海と見間違う川がすごく近い

・旅の始まりには良いかもしれない

  

が、ポルトガル感はゼロかもしれない。

 

ここでいう「ポルトガル感」というのは、

 

赤屋根の風景や、

 

f:id:keishiro_o:20190206084652j:plain

 

 

世界遺産

 

f:id:keishiro_o:20190206084815j:plain

 

 

伝統料理、

f:id:keishiro_o:20190206085009j:plain

 

など、観光客がポルトガルにおそらく期待することを

指して使っています。

 

全面的にオリエンテをディスっているように

見えたかもしれませんが、

ちゃんと「旅の始まりには良いかもしれない」と

書きましたからね笑

 

ポルトガル感と同様、「旅の始まり」の定義付け、

 

 

え、必要ですかね?笑

 

 

旅の始まりは、旅の始まりです! 

 

具体的に言うと、

私の場合、初日の深夜にオリエンテに到着したので、

実質的な旅の始まりは旅行2日目の朝でしょうか。

 

初日は到着後、寝るだけ。

さあ、いよいよ、今日からポルトガルを楽しむぞ!

と意気込む朝に飛び込んでくるオリエンテの風景が、

これです。(駅から徒歩4分くらいです。)

 

 

f:id:keishiro_o:20190206141317j:plain

 

さすがに到着したばかりで、

このあたりの地理に明るくなかったので、

てっきり「海」と思っていましたが、

これ、テージョ「川」らしいです。

「じゃあ、これ川幅?」((((;゚Д゚)))))))

と狼狽したのを昨日のように思い出せます笑

川の上を橋がずっと横切っていますが、

肉眼でも橋の向こう側(川の対岸)を見るのは不可能でした。

こんなに晴れてたのに。。。

それもそのはず、この橋はヨーロッパ最長の橋、

ヴァスコ・ダ・ガマ橋らしく、

全長は約17kmもあるみたいです。

対岸があることだけは、Google Mapで確認しました笑 

 

f:id:keishiro_o:20190206142332p:plain

 

対岸のサモウコは何あるの?

と心の声が呼び掛けてきましたが、

未だなおその声をスルーし続けています。

(いつか調べよう。)

 

私たちは乗りませんでしたが、

ロープウェイもこの大河沿いにありました。

朝は止まってましたが、途中動いていたり。

やわらかなポルトガルタイムが流れていたので、

営業時間はしっかりとご確認を。

 

f:id:keishiro_o:20190206143430j:plain


 

朝陽を浴びながらテージョ川沿いを散歩です。

 

f:id:keishiro_o:20190206143905j:plain

 

 

遊歩道が整備されてるので、

とても散歩しやすかったです。

ジョギングしてる人もたくさんいました。

 

f:id:keishiro_o:20190206144113j:plain

 

 

これは、大阪の海遊館を設計したピーター・シャーメイエフによって

設計されたリスボン水族館です。

朝から次々と小さい子連れが入館していってました。

入館はしていませんが、海遊館と同じく、

上から下へ巡る回遊式の水族館のようです。
 

f:id:keishiro_o:20190206145205j:plain

 

40分ぐらいの朝散歩。

宿泊先のチボリホテル(右手の尖塔型建物のすぐ左)を

眺めながら休憩し、そろそろホテルへ。

 

f:id:keishiro_o:20190206145707j:plain

 

Sushi Grill House「SAKURA」。 

食べていないので味についてはわかりませんが、

入店マインドがくすぐられることはありませんでした。

 

f:id:keishiro_o:20190206145800j:plain

 

 

もうすぐ、ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンターに着きます。

 

f:id:keishiro_o:20190206145852j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190206150018j:plain

 

 

ヴァスコ・ダ・ガマ、ショッピングセンターに到着。

実は散歩の始まりもここから。

トイレも綺麗なので、トイレ休憩にも使えます。

 

f:id:keishiro_o:20190206150101j:plain

 

チボリホテルのチェックアウト時間は12時なので、

朝食後にこんな感じでゆっくり川沿いを散策できます。

私たちは9時50分ぐらいにチボリホテルを出発して、

11時ぐらいに部屋に戻ってきました。

 

12月28日の日本では想像できないほどの温暖さで、

南欧に来たな~」っていうのをすごく感じました。

 

滞在最初の朝から、

リスボンの赤屋根が広がっていたり、

世界遺産の街で過ごすっていうのも、

すごい素敵なことだと思います。

私も当初は初日のホテルをリスボンの中心部や、

シントラあたりにできないかなぁと画策した身です。

 

ただ、空港に夜遅くに着くので、

そこは無理せず空港の近場のホテルでということで、

たまたまオリエンテに泊まりました。

 

その「たまたま」が、

素晴らしい朝の散歩をもたらしてくれました。

 

ポルトガル感」はありませんでしたが、

ポルトガルに来たというのを強く感じました。

暖かな日差しと雄大なテージョの眺め、

そして、ただただ広がる青空。

 

それはまさに「旅の始まり」にふさわしいものでした。

 

 

さてと、オリエンテをあとにして、

私たちはまず「ピコアス(PICOAS)」駅へ。

人生初のリスボン市街地へ繰り出して行きます。

 

f:id:keishiro_o:20190206150315j:plain

 

今回もご愛読ありがとうございました。

 

けいしろう

【残り48フライト in 2019】目指せ、JGC! 奄美大島から伊丹へ

どうも、けいしろうです。

この週末に二泊三日で奄美大島へ行き、

奄美の文化や素晴らしい景色を見てきました。

 

宿泊したホテルは、

奄美リゾートホテルティダムーンです。

オーシャンビューの客室からの眺めは、

想像以上でした。

 

朝起きたら窓からいきなりこの風景でした。

 

f:id:keishiro_o:20190204125437j:plain

 

 

 

夕方には、また違う色彩の眺めに変化します。

 

 

f:id:keishiro_o:20190204125653j:plain

 

 

奄美大島旅行記はまた別途書きたいと思っていますが、

沖縄より確かに素朴な感じでした。

それを良く思うかどうかは個人差があるでしょうし、

沖縄と言っても広いので、

沖縄のどこと比較するかにもよるとは思いますが。。。

 

 

 

とりあえず、奄美ブルーや、

 

f:id:keishiro_o:20190204130428j:plain

 

 

奄美近海で獲れた地魚を堪能し、

(これで1400円!)

 

f:id:keishiro_o:20190204130618j:plain

 

 

黒糖ジェラートも最高でした!

 

f:id:keishiro_o:20190204130843j:plain

 

 

南の島といえば、

沖縄ばかり行ってましたが、

奄美大島にももっと行きたくなりました。

 

そんなJGCへの2フライト目でした。

 

けいしろう(^ω^)

【残り49フライト in 2019】目指せJGC! 伊丹から奄美大島へ

どうも、けいしろうです。

以前のブログでお伝えしたとおり、

突然ですが、JGCを目指してみようと思いました。

 

 

www.keishiro-tabiblog.com

 

「突然」と言いながら、

昨年から検討だけはしていました。

しかし、費用に見合うだけの効果を見出せず、

検討はしたものの、JGC入会を目指しませんでした。

 

しかし、年末年始にフランクフルトで乗り継ぎした際、

ルフトハンザのラウンジがやたら目に留まり、

海外の空港でエアラインラウンジを使えたら

より快適な旅になるだろうなって思ったり。。。

(ルフトハンザはスタアラですが笑)

 

で、今回たまたま旅行で、

奄美大島へ行くことになり、

2月の初旬に往復で2回フライトするなら、

今年の入会を目指してみようかなと

単純に思ったのが事の始まりです。

 

伊丹のサクララウンジも新しくなるようですし、

手荷物預けで並ぶのも嫌だ、

理由はそんな感じでシンプルです。

 

伊丹から奄美へは、

おともdeマイル割を使いました。

妻をマイル利用にして、

私は有償利用。

私の片道はクラスJなので14,260円です。

 

これは多分「修行」という点からは、

高い金額だと思いますが、

私は修行らしくないやり方で

JGCを目指してみようと思います。

そもそものファーストフライトが

普通の旅行からなので、

ゆるくやっていこうかなと。

 

もちろん、お金が無尽蔵にあるわけではないので、

安い航空券も取っていきます。

ただ、私のJGC入会への道は、

以下のとおり進めていこうと思ってます。

 

①基本は日帰り

②乗ってきた飛行機ですぐ折り返す、いわゆる「タッチ」はしない

③出来るだけ9000円以下の航空券を買う

 

①については、宿泊代を省く意味もありますが、

妻と過ごす時間もちゃんと確保したいのが理由です。

 

②については、ぶっちゃけ同じ乗務員の人と会うのが

恥ずかしいですし、わざわざ飛行機乗るなら、

出来るだけ知らない土地に行って、

ご飯をゆっくり食べたり、

その土地を踏みしめたいというのがあります。

また、基本的に週末に飛びますので、

タッチを何回もやったりするなどして

週末にわざわざ疲れたくないというのが理由です。

完全に修行向きでは無いかも知れませんが笑、

色んな場所に行って、その結果が50回でした、

という感じでJGC入会にこぎつけれたらなぁと

思ってます。

 

③については、

安いに越したことは無い、それだけです。

 

さて、何だかんだと言いましたが、

本日、記念すべき第一回目のフライトを終えました。

まぁ普通に旅行なんですが笑

 

9時5分発の、

伊丹から奄美大島への直行便です。

 

f:id:keishiro_o:20190202232211j:plain

 

 

f:id:keishiro_o:20190202232326j:plain

 

 

疲れたくないので、

機内では無印で買った携帯スリッパを使用。

年末のフランクフルト行き以来の登板。

 

f:id:keishiro_o:20190202233815j:plain

 

 

 

定刻どおり奄美大島へ到着しました。

奄美空港には、

スカイマーク機が(^ω^)

神戸空港から鹿児島経由で就航してますもんね。

 

f:id:keishiro_o:20190202232524j:plain

 

 

人生初の奄美大島訪問です!

沖縄と違って観光地化されてないところが多い、

と聞いていたので、

予定をぎっしり詰めることはせずに、

島時間に身を委ねる感じで、

今日から3日間滞在します。

 

レンタカーを借りて、

島とうふ屋のランチへ!

 

f:id:keishiro_o:20190202233356j:plain

 

 

豆腐屋の麻婆、

うまくないわけがない。

うまかったー!

 

f:id:keishiro_o:20190202233004j:plain

 

 

妻は、揚げだし好きみたいで、

揚げだし定食を食べてました。

 

f:id:keishiro_o:20190202233105j:plain

 

 

この二つで、合計1900円くらいです!

安い!美味い!

夏のオンシーズンではなく、

島的にはオフシーズンだからか、

11時40分くらいに行っても

待つことなく入店できました。

 

店内も想像より広々でした。

小さいお子さんがいると、

座敷のほうに通してくれるみたいです。

座敷のほうは小さいお子さんが

元気ハツラツでした(^ω^)

 

f:id:keishiro_o:20190202233635j:plain

 

 

食べ終わってもまだ、12時30分。

近くにあったデッカいスーパーを見てみることに。

すごいでっかい産直的スーパーかと勝手に思っていたら、

ダイエーとホームセンターを足して2で割った感じ?

ただ、もちろん地場のものもたくさん売ってあるので

足を運んでみるのがオススメです。

「1」はどこに??

 

f:id:keishiro_o:20190202234333j:plain

 

 

奄美大島は日本で三番目に大きな島で、

日本第二の広さをもつマングローブ林があります。

マングローブ林をカヌーで巡ることを

やってみたかったので、

特に時間も調べることもなく、

やってたらやろう、くらいの感じで

マングローブパークへ。

 

干潮時は干潟散策になるらしいので、

干潮じゃないことを祈りながら、

(事前に調べたら分かる話でしょうけど笑)

マングローブパークへ。

 

 

 

やってた!

 

f:id:keishiro_o:20190202234842j:plain

 

 

1日に5回ぐらいやってるみたいでした。

1時間のカヌーツアーとガイド解説が付いて

1人あたり2000円!

え、安くないですか?

沖縄だとこの倍はするような気が。

 

カヌーツアーは決まった時間にならないと

始まらないので、

他に予定ある場合は

時間調べてから行くのをオススメします!

 

カヌーの前に奄美の水で水分補給。

モンドセレクションの軽さと同じくらい、

軽やかで美味しい水でした(^ ^)

 

f:id:keishiro_o:20190202235236j:plain

 

 

カヌーは楽しかったです。

安いので是非!

 

f:id:keishiro_o:20190202235517j:plain

 

 

今夜の奄美はほぼ新月

満点の星空です。

奄美ハマりそう。

明日はどう過ごそうかな。

 

とりあえずファーストフライト、

無事に終わりました!笑