けいしろうの旅ブログ

国内外を問わず、主に関西発の旅を中心に書いていきます。

【ベトナム・ハノイ④】初めての夜に美味しいチーズと出会う。いや、ピザか。

どうも、けいしろうです。

 

すっかり前回から期間が空いてしまいました。

一体、いつの夜のことを書こうとしてるんだという気にもなってきますが、

ベトナム初日の夜のことですね。

そう、初めてロシア人の「Do you understand ?」を聞いた夜のことです。

※ロシア人の標的になったわけではありませんのであしからず。。

 

 

JWマリオットのシャトルバスでホアンキエム湖へ

f:id:keishiro_o:20181031123928j:plain

 

ホテルにチェックインしたのち、シャトルバスの予約をしました。

確か1日に数本あって、ホテル発の18時ぐらいの最終便に乗りました。

BMWメルセデスか忘れましたが、8人乗りくらいで、車体にはデカデカとJWマリオットって書かれていて、南米なら襲撃か銃撃でもされるんじゃないかくらいの不安がこみ上げてくる出来ばえでした。

 

バスはいくつか行き先というか停留地点があって、有名観光スポットがそうなってる感じでしたね。

私たち夫婦と、ロシア人夫婦の計4人でホテルから出発しました。

運転手は愛想はあまりないが、英語は通じる感じの方で、

「タンロン水上人形劇場(Thang Long Water Puppet Theatre)」へ行ってもらうようにお願いしました。人形劇を観る予定は無く、単純に中心部にあって降車後の移動が便利そうだなと思ったからです。

ロシア人夫婦も同様に行先を告げていましたが、運転手の反応が薄く、

「Do you understand ?」とロシア人(夫)が運転手に対して若干怒りめで言ってました。

運転手は「Yes」と返事していましたが、ロシア人のこと嫌いやったんでしょうかね?笑

 

ホアンキエム湖というと、ハノイの人たちの憩いの場所として有名のようで、

大勢の人がいました。降りた瞬間は大勢の人がいたというより、大勢の人が無表情で踊っていました。共産圏の雰囲気というのか、日本では一度も目にしたことがない光景でしたのでやや驚きました。

f:id:keishiro_o:20181104170030j:plain

 

お腹が減ったので「Pizza 4P's」と「Pasteur Street Brewing」へ。

妻が一度行ってみたかったということで、

Pizza 4P'sというピザ屋に行ってみました。

ホーチミンが一号店なんですかね?

ハノイにも出来たようで、Ly Quoc Su店に行きました。

行くとやはり先客がたくさん並んでいまして、店員から

「予約してますか?」と英語で聞かれました。

予約していない旨を告げると、

20時ぐらいにもう一回来てくれたら席を用意すると言われたので

その時間にもう一度行くことにし、近くをさまようことにしました。

さまよっていると、クラフトビールの店をたまたま発見し、

時間つぶしとトイレ休憩のため、即入店!

入店したあとに少し調べると、ここはここで有名なとこみたいですね。

f:id:keishiro_o:20181104171714j:plain

Pasteur Street Brewing | Bia Crafted In Vietnam

 

クラフトビールのメニューはこんな感じでした。

f:id:keishiro_o:20181104172115j:plain

 

緑に覆われたテラスでハノイの夜風を浴びながら飲むビールは最高でした。

f:id:keishiro_o:20181104172633j:plain

 

ピーナッツは激辛。豆腐も激辛。

f:id:keishiro_o:20181104172723j:plain

 

テラスは欧米系の人が多かったです。小ぎれいでオシャレな感じだからでしょうか?

f:id:keishiro_o:20181104172840j:plain

 

クラフトビールを楽しんでいると、あっという間に20時に。

Pizza 4P'sへ戻ります。

少しだけ店内で待つと、席へ案内されました。

この何とかチーズが有名みたいで、妻が絶対これというので注文!

f:id:keishiro_o:20181104173038j:plain

見るからに胃もたれしそうなビジュアルだったので、

何でこんなもん注文するんだろうという怒りにも似た感情を抑えつつ、

とりあえず食べてみると、

 

「ん?」

「まったく重たくない!いや、むしろ軽い?」

「え、超食べやすい!ごめん、これ好きやわ」

って感じになりました。

 

ドリンク飲んで、サラダ食べて、ピザ食べて、

二人で4900円ぐらいでした。

観光客向け価格でハノイで食べるごはんでは高めかもしれませんが、

東南アジアの空気に少し疲れてきたら、行くのは十分アリかと思います。

初日から行くのもアリだと思います笑

 

そんなこんなでチビッコたちの車を避けながら、

f:id:keishiro_o:20181104173622j:plain

Uberを拾える位置まで移動して、

無事にホテルに帰りました。

 

しかし、Uberを使うとき、ホアンキエム湖周辺が歩行者天国状態になっていたので

少し困りました。

ホアンキエム湖沿いのカフェのWi-Fiを利用すると、利用地点までUber車が入ってこれないので、Uber車に近づこうとするとカフェのWi-Fiと距離が発生し、Wi-Fiが切れてしまいます。

レンタルWi-Fiルーターでも持ってたら何の困りごとも発生しないのでしょうが、

ハノイではどこでもWi-Fiが使える的な情報を仕入れてやってきたので、

そのようなルーターを用意せず。

車が入ってこれそうな場所まで行き、とりあえずiPhoneが拾ってくれた無料Wi-Fiにアクセスし、Uberを利用しました。

ベトナム語でアクセス画面が表示され、性別やら年齢やらの登録画面が現れましたが、

そこはもう勢いで乗り切り、無事に不安定なWi-Fiをゲットするに至りました。

アプリコットホテルホテルの付近ぐらいだったと思います。

 

空港に降り立ったときもそうですが、

この帰るときもUberWi-Fiスマホに助けられました。

 

本当に便利な世の中になったなと夜のハノイの街を見ながら思いました。

8年ぶりの海外、そしてハノイにおける初めての夜はこうやって幕を閉じました。

 

次回はJWマリオットの朝食から始まり、タイ湖あたりの雑貨屋とかに行ったときのことを書く予定です。

今回ほど間をあけずにすぐに書きたいと思ってますので、ぜひまた読んでくださいませ!

ハノイシリーズはまだしばらく続きますが、

今後は香港、台湾(高雄・台南)、ポルトガルリスボンポルト)のことも書いていく予定です。

あと、ANAマイラーからJALマイラーに転向した話なども書いていければと思っています。

では皆さま、今回もお読みいただきありがとうございました!

  •