けいしろうの旅ブログ

国内外を問わず、主に関西発の旅を中心に書いていきます。

【ポルトガル④】チボリ オリエンテの決め手はトイレ!

f:id:keishiro_o:20190128200129j:plain

ポルトガル初日に泊まったチボリ オリエンテ

 

どうも、けいしろうです。

突然ですが、

皆さんがホテルを選ぶときって

どうやって選びますか?

 

「ホテル選び」というと、

①どのサイトから予約するか、

②立地をどうするか、

③部屋タイプをどうするか、

④どの料金プランにするか、

といった視点があるかと思います。

 

私の場合、

 

①どのサイトから予約するか、

→「一休.com」(国内外ともに)

ヒルトン系だけヒルトンアプリから。

 

②立地をどうするか、

→基本は駅近。

→国内でレンタカー使う場合は駅遠でもok

→野犬スポットが無い限り徒歩15分も許容範囲。

 

③部屋タイプをどうするか、

→二人ならツイン(しっかり寝たいため。)

→妻の夫婦像の基本はダブルらしいので、ダブルにするときもある。

 

④どの料金プランにするか、

→最近は朝食付きを選ぶことが多い。

(学生時代は素泊まりプランしか見てなかったのに。。笑)

 

今回、リスボン国際空港に22時50分頃に着くにあたり、

空港から徒歩圏内ないしは直結のホテルがないか探しました。

次の日に備えて早く寝たかったし、

長距離フライトで多分だいぶ疲れてるだろうな、

と思ったからです。

 

そんなホテル選びは、

上記の予約原理どおり、

まずは一休.comの検索から始めました。

一休.comは国内ホテルのイメージが強いですが、

海外ホテルの予約も「一休.com 海外」で可能です。

「一休.com 海外」では、

Booking.com掲載ホテルの中から口コミ評価等が高いものを

一休側で掲載しているようです。

(ホテルのreceptを見ると

 Via:「Booking.com」となってたりします)

 

なので、Booking.comで検索するのと、一休で検索するのとでは、

一休のほうが圧倒的に少ない検索結果表示になります。

でも私は一休のUIが使いやすくて好きなので、

まずは一休で検索します。

こんな感じで表示されます。

 

f:id:keishiro_o:20190129204132p:plain

 

ずっと一休でばかり検索していたので、

リスボン空港から徒歩圏内にホテルがあることに気づくのに

やや時間がかかりました笑

(一休ではリスボン空港すぐのホテルの掲載はありません笑)

Expediaや普通にBooking.comなどで検索すると出てきますが、

空港すぐの「TRYPホテル」や「Star inn」などを宿泊先として検討しました。

 

が、室内写真や口コミなどを見ていると、

ベッドルームとバスルームの隔てが

カーテンのみだったり、

トイレスペースの防音度合いが気になるみたいな意見が

ぽつぽつ見受けられました。

 

実は、昨年12月上旬に、

台湾・高雄に行ったんですが、

そのとき宿泊したホテルが、結構なお洒落テイストで、

こんな室内でした。

 

どんっっ!

 

f:id:keishiro_o:20190130204404j:plain

 

 

このままの状態では世の女子だけでなく、 

さすがに世の男子の私も相当な抵抗感があります笑

 

 

もちろん、こんなリモコンがありまして、

 

 

f:id:keishiro_o:20190130204802j:plain

 

 

ポチッと、押すと、

 

 

f:id:keishiro_o:20190130204854j:plain

 

 

ウィーーーンと、シェード?カーテン?が。。。

そして、すっぽりと。

 

 

f:id:keishiro_o:20190130205018j:plain

 

ほうら、これで、一安心♪♪

 

ってなるのか!?

 

夫婦とはいえ、一定の恥じらいをまだ持っていますので、

特に妻は、トイレは外でしてこようかな、

と言い出す始末でした苦笑

対応策として、トイレの水をまず流す(水が無駄ですよね。。。)

あるいは私が部屋から出る、などしました。

 

いきなり台湾のホテルの話をぶっこみましたが、

リスボン空港近くのホテルを見て、

この部屋のように、今の流行りデザインが取り入れられてそうな

雰囲気を感じたので、

次善の策として、空港から地下鉄ですぐのオリエンテにした次第です。

 

いや、むしろ部屋の構造で気に入ったホテルがあったので、

オリエンテにした、というほうが正しいかもしれません。

 

いや、すみません、どっちでもいいですね笑

 

で、ようやく話がオリエンテのチボリホテルに戻ってきましたが、

本当にオリエンテ駅からすぐで、駅からホテルまでの石畳も

私はそこまで気になりませんでした。

仮に気になったとしても、本当に駅前なので距離はわずかばかりです。

地下鉄の駅から地上まではエスカレーターですいすいでした。

 

予約時のコメント欄に「midnightぐらい(深夜0時)に到着します」と

記入しておいたのですが、到着は本当に0時ジャストぐらいになりました笑

 

そうそう、予約原理①の「どのサイトから予約するか」ですが、

チボリ オリエンテについてはホテルの公式HPから予約しました。

www.tivolihotels.com

公式HPからの予約特典として、

ベストレート保証、Wi-Fi無料、朝食無料との記載があったので

朝食無料に惹かれて予約しました。

 

肝心の部屋はというと、

妻の夫婦像の基本に従ってダブルルームにしました。

 

f:id:keishiro_o:20190130211535j:plain

 

室内は95Lくらいのスーツケースを広げても、

広々!(^^)

 

f:id:keishiro_o:20190130211634j:plain

 

この部屋を、少し入り口寄りから撮ると、

こんな感じです。

 

 

f:id:keishiro_o:20190130211740j:plain

 

ドアを開けたら、ベッドルームです。

つまり、玄関ドア→玄関スペース→室内ドア→ベッドルーム

という部屋の作りになっています。

上の写真の左手部分にもう一つ扉が見えるかと思います。

これは玄関ドアではなく、

バスルームへの扉になります。

 

 

f:id:keishiro_o:20190130211853j:plain

 

 

トイレもバスルーム内にあります。

すごく清潔でした!

寝室のドア、さらにはバスルームのドア、

と扉二つで仕切られているので、

恥じらい夫婦である私たちは大満足でした笑

 

 

f:id:keishiro_o:20190130212023j:plain

 

これも今の流行りなのかもしれませんが、

シャワールームの仕切りが固定の半ガラスっていうやつ。

これ↑で普通に何も気にせずにシャワー浴びたら、

ガチで床濡れます。

 

なので、

半ガラスの仕切りの向こう側に、

すごーく縮こまって、

粛々とシャワーを浴びました。

大航海時代」は何処に。。。

 

イメージでいうとこんな感じですかね。

左奥のショートケーキが私で、

真ん中のドライアイスが半ガラス仕切り。

 

 

 

f:id:keishiro_o:20190130215832j:plain

 

肩身狭っ!

 

さて、話を戻します。

このバスルーム内には、シェービング用のコンセントがありました。

この形、

 

f:id:keishiro_o:20190130212123j:plain

 

そう!

iPhoneの充電できるやん!ですよ笑

日本のコンセントプラグしか持っていなかった私は、

まさに違う意味で大後悔していたわけですが、

いやー、よかった。

God bless you !

iPhone復活です!(^^)

 

ちなみに、バスルーム及びベッドルームから出たところにある、

玄関スペースはこんな感じで、結構広々です。

 

f:id:keishiro_o:20190130212210j:plain

 

ドア脇に、室内電源のもとになる、

カードキー挿入口があります。

 

f:id:keishiro_o:20190130212300j:plain

 

部屋の広さは20平米だったと思いますが、

それ以上の広さがあるように思える部屋でした。

ちなみに部屋からの眺望は、ポルトガルCP鉄道の線路でした。

鉄道好きでなくとも、異国情緒を感じれることでしょう。

 

移動初日、結構疲れてたんでしょうねぇ。

ぐっすり寝れました。

翌朝は楽しみにしていたチボリ オリエンテの朝食からスタートです。

朝食レストランは2階でした。

レストランに入ると、すぐに係の女性が部屋番号を確認してくれ、

座席はどこらへんがいい?

と尋ねてくれました。

窓側を希望すると、

「今だったらあそこが眺め最高よっ!」

と案内されたのが、こちらの座席。

 

f:id:keishiro_o:20190130212418j:plain

 

昨夜歩いてきた道も、

オリエンテ駅もはっきり見える席でした(^^)

 

朝食レストランは結構広めで、

座席数はそれなりにありました。

 

f:id:keishiro_o:20190130212543j:plain


朝の元気、ドリンクをまずは物色。

妻曰く、スペインが近いから、

オレンジジュースは美味しい、らしいので

 

f:id:keishiro_o:20190130212652j:plain

 

あとで飲もうと思い、

(「朝は、まず牛乳を一杯」派なので笑)

つぎにフードを物色。

 

ホットミールに、

 

f:id:keishiro_o:20190130212804j:plain

 

いろんな種類のパンに、 

 

f:id:keishiro_o:20190130212903j:plain

 

フルーツや、サラダ、

いろんな種類のチーズまでありました。

 

そんなこんなで、

人生初のヨーロッパでの朝食は、

ややヨーロッパかぶれっぽい雰囲気に。。。

 

 

f:id:keishiro_o:20190130213059j:plain

 

このお皿中央部のポルトガルの菓子パンが

結構有名なポルトガル菓子だったはずです。

名前忘れたけど、普通に美味しかったです。

 

リスボン最高。

 

確かチェックアウトが12時だったので、

朝食後は部屋に荷物を置いたまま、

オリエンテ散策に出かけました。

ヴァスコ・ダ・ガマ ショッピングセンター

なるものがあるというのは聞いていたので、

まずはそこに向かいました。

ヴァスコ・ダ・ガマ」という言葉だけに導かれて。

 

夜の到着時とは打って変わって、

明るい空が広がっています。

 

f:id:keishiro_o:20190130213228j:plain

 

雲一つなし。

しかも12月28日なのに、暖かい。

はるばる極東の島国から来ましたが、

二日目にして、「来て良かった」と思いました。

何だろうな、この感じ。

 

とりあえず、ついに来たよ、ポルトガルリスボン

どんな旅になることやら。

 

つづく。

 

けいしろう